TOEIC800点以上獲得で就職にどう生きる?

TOEIC800点以上獲得で就職にどう生きる?

セレン式TOEICメソッドはTOEICに特化したトレーニングとなっています。

しかし、そもそもTOEICで高得点を獲ることって就職にどう影響するのでしょうか。

なんとなくはわかってるけど、という方でもはっきりとどういうメリットに繋がるのか説明するのは難しいのではないでしょうか。

ここではTOEIC800点以上獲る事で、就職にどう有利になるのかという事をお伝えしたいと思います。

TOEIC800点以上の価値

まずTOEIC800点以上を獲得しているという事は、英語でのコミュニケーションには問題のないレベルとして評価されます。

確かに完全なネイティブとの間には超えられないものがあったとしても、ネイティブ相当の語彙、文法、構文を正確に把握していて、流暢に駆使する力を持っているという評価を受ける事が出来ます。

もちろんTOEICの点だけで採用になるという事はないと思いますが、社会人であればTOEICで800点以上を獲得する難しさは知っているはずです。

つまり、点数だけを評価されるのではなく、そこに至る努力が出来る人として評価されるわけです。

一流企業の採用に有利?

実際にTOEICスコアを人事に取り入れている企業の中で800点以上を獲得していれば有利になる一例を紹介したいと思います。

例えば、三菱電機の営業、マツダのSE、楽天のゲームプランナー、その他にもJTBやさまざまな一流企業でTOEIC800点以上というスコアがあれば十分となっています。

一流企業としてはTOEIC700点以上を推奨しているところが多いのではないでしょうか。

つまりTOEIC800点以上というのは十分に一流企業と戦えるだけのスコアであるという事が言えるのです。

英検とTOEICならどっちが有利?

TOEICと同様に英語力の指標となるもので英検というものもあります。

一昔前であれば英検を受ける人も非常に多かったという例があるようですが、現状では圧倒的にTOEICの方が受ける人が多くなっています。

つまり、採用側としては英検の資格よりもTOEICのスコアを重要視している企業が多いというのが現状なのです。

学生も含めると英検の受験者数は多いようですが、やはり社会人としてはTOEICのスコアと言う方が就職には大きく役に立つという結果が出ているのです。

TOEIC800点で十分?

TOEICで800点のスコアを獲得出来るといっても、それが満点というわけではありません。

一般的な企業ではもちろん十分であり、英語を日常的に扱うような職業でも800点というスコアは比較的高いスコアとして認められています。

もちろんTOEIC900点以上のスコアが必要となる仕事もあります。

でもそれは相当な専門分野になってくるので、そこまでの必要性を求めていないのであれば800点というスコアがあれば十分であると言えるでしょう。

TOPページを見る