• ホーム
  • 漂白剤と謳われているハイドロキノンを使って美白肌に励む

漂白剤と謳われているハイドロキノンを使って美白肌に励む

2020年02月09日

シミやくすみのない透明感のある肌にしたいと思って美白化粧品を使っているけれど、シミが出来てしまって薄くならないと悩んでいる方はいませんか。美白化粧品はなんとなくシミを白くしてくれるというイメージを持って使っている方もいるかもしれませんが、実は予防効果はあっても薄くしたり消したりということは難しいのです。

一般的な美白化粧品に含まれている有効成分は、アルブチンやハトムギエキス、そしてビタミンC誘導体などです。これらはシミの原因となるメラニン色素の分泌量を抑えるということでは効果が有りますが、出来てしまったシミにはほとんど効果が有りません。

そこでより効果的な方法として、ハイドロキノンを使う事が挙げられます。ハイドロキノンは美容業界でもとても注目されている医薬品で、漂白作用があります。比較的強い薬ですし、ドラッグストアでは売られておらず美容皮膚科などで処方してもらう事が出来ます。

数か月間は使い続ける事が必要になりますが、顔だけではなく乳首の黒ずみにも効果があります。色白な方や乳首の色がピンク色というのは男性からも好感度が非常に高いです。そこで乳首の黒ずみも漂白することが出来、白く(ピンク色)にしていく事も出来ますので試してみると良いでしょう。

ハイドロキノンの使用方法は、洗顔したり身体を洗って清潔にした状態で塗布するという簡単なものです。副作用はかゆみや白斑が出るなど挙げられますが、すべての人に起こるわけではありませんし、重篤な物はあまり挙げられていません。しかしお肌に合わない方は副作用が出たら使用を中止するべきです。

色白な肌にするためには、くすみのない透明感のある肌を目指したいものです。もちろんハイドロキノンだけを使っても、シミを薄くするということでの効果は期待出来ます。しかしより効果がたかくなるのがトレチノインも併用する方法です。

トレチノインは、お肌のターンオーバーを促進させて、皮膚を新しく生まれ変わらせてくれる効果があります。年齢とともにお肌のターンオーバーの機能は乱れて角質が溜まりやすく、メラニン色素も排出されづらくなりシミが出来てしまいます。トレチノインを使えば強制的にターンオーバーをさせる事が出来ますので、そこでハイドロキノンを使えばより効果が高くなるのです。

これらの薬は個人輸入をすれば自分でも取り寄せる事が出来ます。通常の通販とほとんど変わらず簡単ですが、自己責任での使用となりますの、使用方法や副作用などは調べてから使う事をおすすめします。