マスクシートを使用する女性

肌トラブルの中でも、ニキビでお悩みの方は沢山います。特にメイクでは隠せないニキビ跡でもあるクレーターは、鏡を見るたびに悲しくなってしまいますしどうにかしたいものです。ここで気を付けたいのは間違った処理で悪化してしまう事です。何故クレーターが出来てしまうのか原因を知る事から始め、そうならないように気を付けつつ跡を消すための対策を行う事をお勧めします。長期的に治療することになりますが、根気良く続ければ綺麗になります。

赤みのあるニキビ跡は色素沈着が原因

ニキビ跡といっても色々なタイプが有ります。まず赤みや茶味がある場合、この原因は色素沈着がほとんどです。

ニキビが出来るメカニズムとして過剰な皮脂分泌は大きく関係してきますが、ターンオーバーの機能も忘れてはいけません。多くはターンオーバーという新陳代謝の働きが弱まっている事が想定されます。

通常お肌は約25日間で古い角質が剥がれ落ち、新しい皮膚に生まれ変わるという新陳代謝が行われています。それがターンオーバーというものですが、その機能がストレスや生活習慣の乱れ、加齢によって衰えてくることで角質はどんどん蓄積され、毛穴をふさいでしまいます。毛穴に余計な皮脂や汚れ、さらにそれを餌とするアクネ菌が繁殖してしまう事で炎症をおこし、ニキビが出来てしまうのです。

一度出来てしまったニキビは的確な処置をして治す事が大事ですが、自分でいじったりつぶしたりして炎症を悪化させてしまったり、放置してしまうことによって膿んだりしてしまいます。そこにきてさらに紫外線からのダメージを受ける事で、色素沈着しやすくなります。

色素沈着には、紫外線からのダメージも関係するので、バリア機能が低下してしまっているような乾燥肌の方も実は要注意です。思春期に出来るイメージが有るかもしれませんが、大人ニキビと言われる所謂吹き出物はホルモンバランスの乱れや、メイクの落とし残しでも出来てしまう可能性は大いにあります。

それをそのまま放置するのはよくありませんし、ターンオーバーの乱れも影響してきますので、使う化粧品などもメラニン色素の分泌量を抑えるアルブチンやハトムギエキス、またビタミンC誘導体などが配合されている美白化粧品を選ぶ事もお勧めです。

また美容業界でも今注目されているトレチノインは、肌のターンオーバーを促進させてくれる事で色素沈着している部分の角質もどんどん押し出して新しい皮膚に生まれ変わらせてくれます。ここで併用したいのがハイドロキノンというお肌の漂白剤です。色素沈着している部分もどんどん漂白して目立たなくなっていきますし、シミ治療でも使われています。

長期間の治療となりますので根気も必要ですが、効果は高いのでおすすです。

クレーター状のニキビ跡の原因は真皮層が傷ついてしまったから

ニキビ跡と一言で言っても大きく分けると赤みや茶味を帯びたボコッとしたものと、凹んでクレーター状になったものと分けられます。どちらもニキビが出来てしまった原因やそれ自体はあまり変わりませんが、跡の状態は異なります。

赤みや茶味を帯びた方は主に色素沈着が原因と言われており、ターンオーバーの乱れによるものです。治療法でもケミカルピーリングなどを行ったり、ターンオーバーを促すトレチノインやハイドロキノンの併用で解決出来る事が多いです。

一方クレーター状になった場合は、アクネ菌の繁殖と炎症をともなってニキビが出来た際にお肌の深い部分にある真皮層の皮膚組織まで破壊され、傷ついてしまうことが原因で起こってしまいます。この状況を考えても、赤みの跡よりもクレーター状の方が治りにくいということが想像できます。

お肌の表面の傷や色素沈着でしたら、ターンオーバーによって古い角質がはがれて新しい皮膚に生まれ変わっていきますので修復されて綺麗になっていきます。しかしクレーター状になっている場合には、真皮層の深いところまで傷がついた状態ですので通常のターンオーバーでは修復されないのです。

真皮層にまで炎症が到達してしまうことで、線維化とよばれる現象が起きます。線維化する事で周囲の組織に、しこりのようなかたまりができてしまいます。しこりが出来た状態ですと、炎症がおさまって皮膚組織が収縮した時に、傷ついている組織の部分の表面が陥没しクレーター状に凹んでしまうのです。

この状態のものも、アイスピック、ローリング、ボックスといった分類がされるのですが、アイスピックタイプやローリングタイプに関してはかなり治療も困難だと言われています。アイスピックとローリングタイプほど深くないボックスタイプに関しては、真皮の部分までダメージを受けていなければターンオーバー促進の治療を行う事で改善が見られるでしょう。

クレーター状の跡を消す場合、医薬品を使ったターンオーバーでは改善が難しい事があります。しかしレーザーなどの治療を行えば綺麗になる事も有ります。経験や実績があるクリニックも有りますし、気になる方は美容皮膚科などを受診する事をお勧めします。